今、美容師さん、お一人お一人の思いと、その力が社会に求められています!
美容師の本当の役割をこんいろリボンの運動を通じて、ご一緒に考えていただければ嬉しいです。
私たちは、美容師であることに誇りを持ち、より良い社会にもっと貢献したいと考えいます。
そして、美容師は今、日本で2人に1人がガンになり、3人に1人がガンにより亡くなるという時代。
美容師は、ガンをも減らすことのできる職業であることを知ってください。

 美容師の職業価値

美容師からのプレゼント

 公衆衛生学という観点から見ても、美容師の職業価値は、健康についてのエキスパートであると考えます。
 その昔、美容師が髪結いという職業で、今の床屋さんと同じ職業であったように、医者に行く前の生活に密着した健康のアドバイザーだっとされています。
 ちなみに、床屋さんに今でもある3色のネオンの由来にあるように、赤が動脈、青が静脈、白が包帯ということも深い意味を感じずにいれません。
 美容師は、健康のプレゼンターだと私たちは考えています。

丸刈りウィッグをスタンドとして

お店でいらなくなった、カットウイッグを脱毛でお困りの方への支援として、カットウイッグを丸刈りにして『プレゼント』するプロジェクトです。

丸刈りにしたウイッグはカツラが型崩れしないようにしておく為にウイッグ台として使用します。写真のように可愛くメイクしてあげてもいいかもしれません。

美容認定制度 【RAMBS QUALITY】

ランブス クオリティ

当サイトは【社団法人ランブス医療美容認定協会】という医療美容師の認定協会が運営しております。例えば、抗がん剤などの副作用による脱毛期間を安心して、生き生きと明るく前向きなライフスタイルを送っていただくために、今まで長年通っていただいた、美容室で医療用かつらのカットをしていただけることを推進しております。

ランブス認定サロンの参加サロンには、医療用かつらの知識に富、患者さんの気持ちになってくれる仲間が集まっています。
ぜひ認定サロンへご相談ください。



ランブス認定サロンはこちら → → →   
医療美容師の輪を広げませんか?




[ 協 賛 企 業 ]













一般社団法人ランブス医療美容認定協会
こんいろリボンは、一般社団法人ランブス医療美容認定協会のプロジェクトが運営する[がん撲滅の支援と早期発見を推進するシンボル]です。


≪≪お問い合わせはこちら≫≫

☆笑顔があればそれでいい…。

『笑顔があれば』は、大阪市立医療センターに入院する患者さんたちから、寺尾仁志(アーティスト)氏が詩を集めて、曲を付けました。
患者と家族、医療関係者も交わりレコーディングされました。
全国のキャンサーリボンズのショップで発売しています。
こんいろリボンの会も協力しました。こんいろリボンでも絶賛発売中!